ゴルフ: 厳格な姿勢貫いたIOC 霞ケ関CC女性に門戸

 国際オリンピック委員会(IOC)が「重大な懸念を持っている」と改善を促してから約2カ月。2020年東京五輪のゴルフ会場、霞ケ関カンツリー倶楽部が女性の正会員に門戸を開いた。五輪憲章で人種、肌の色、性別などあらゆる差別を禁じているIOCは例外を許さない厳格な姿勢を貫き、個別の会場の課題に異例の介入をした。

 IOCに限らず伝統的に男性が中心だったゴルフ場でも今月になって英国の名門ゴルフコース、ミュアフィールド・リンクスも女性に門戸を開くなど世界的にも男女平等の推進の流れは加速している。霞ケ関カンツリー倶楽部の定款に難があることは、13年の立候補ファイルの段階でも関係者に認識されていた。そんな中、同俱楽部が国際的な批判が強まるまで動き出さなかったのは潮流に鈍かったと言わざるをえない。

 IOCは五輪を通じて社会を変えることを訴えてきた。00年以降、環境に配慮した大会が求められるようになり、昨夏のリオデジャネイロ五輪では「難民選手団」を結成した。東京五輪まであと3年余り。今後は「たばこのない五輪」「ユニバーサルデザイン」など、世界の常識による変革を求める動きはさらに強まるに違いない。【田原和宏】

2017年03月20日 21時52分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>スポーツ> ゴルフ:厳格な姿勢貫いたIOC 霞ケ関CC女性に門戸