大相撲: 白鵬が休場 場所前に右足裏負傷 初日取組で再発

春場所4日目、勢に寄り倒しで破れ、悔しそうな表情を見せる白鵬=エディオンアリーナ大阪で2017年3月15日、幾島健太郎撮影

 大相撲の横綱・白鵬(32)=宮城野部屋=が春場所5日目の16日、日本相撲協会に休場を届け出た。師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)が明らかにした。白鵬の休場は全休した2016年秋場所以来5回目。

 白鵬は場所前の出稽古(でげいこ)で右足裏を負傷し、初日に敗れた正代との取組で再発。4日目は平幕の勢に2敗目を喫した。5日目の対戦相手、御嶽海は不戦勝となる。

 今場所は稀勢の里の横綱昇進により、00年春場所以来17年ぶりに4横綱となっていた。【坂本太郎】

2017年03月16日 11時55分

2017 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.

ホーム>毎日jp>スポーツ> 大相撲:白鵬が休場 場所前に右足裏負傷 初日取組で再発